毎日が成功体験♪オールマイティ・フリー

うれしい楽しい気持ちいい、今日を生きてみよう♪

プロフィール②


私は、学校生活を終え、社会人として働きだしました。
仕事は順調で、周りの人にも恵まれ、はた目には何事もないように見えていたことだと思います。

ところが、私は次第に日常が苦しくなっていきました。

将来の展望や希望もあるにはありましたが、なにか満たされない、漠然とした不安みたいなものをいつも感じていました。

いろいろなことをやって気持ちをごまかしても、楽しくもない日常を送ることに、とても苦痛を感じていたように思います。

ですから、何か資格を取って、独立して仕事をしたい、ということをいつも考えていました。


そんなある日、知人から一枚の案内書を見せてもらいました。

そこには「潜在能力開発」という内容のことが書いてありました。

私はその案内書を見たときのことは、今でもはっきりと覚えています。
私は、何度も読み返していました。

その時には、私の体は末期症状で、人工透析を導入していました。

そして、この体の原因についても、生まれつきそうなっているということを調べて知っていましたので、
「なるべくしてなったのか」「生まれた時に決まっていたのか」、
そして、「こうなるには、何かの原因があるはずだ」という途中結論には至っていました。
ただ、それが何なのかはわからず、教えてくれる人もいませんでした。
今みたいにインターネットもない時代でした。

私は、その案内書の「潜在能力開発」を体験してみたい、学んでいきたいと思いました。

潜在能力開発といっても、何かよくわからないもの…というのではなく、それは自分自身への探求です。

自分の知らない、気づいていない自分をあきらかにしていくこと。
自分の本当の望みに気づいていき、現実的に幸せな人生を生きていくこと…です。

私はこの時に、なんだかワクワクするものを感じていました。



私は「潜在能力開発」を学び始めてから、少しずつ変化していきました。

知らなかったこと、わからなかったことを理解できたことはもちろんですが、
何より、自分の体験や起こること、ものごとへの視点が変わりはじめました。

私たちは、自分のことがいちばんわからないのだなぁと思います。

「私はこういう人間だ」と思っていたとしても、条件(相手、環境など)が変わったりすると、また違った自分が出てきたりするものです。

私たちは、人生を自由に楽しく、
また、思い通りに生きてよい、体とこころを与えられていると思います。
そして、この世界は、その自由を表現してよい世界だと思います。

たとえ潜在能力開発ができて、いろんなことがわかり、できるようになったとしても、
私が、体の不具合や、またそのとき感じた、悔しさや悲しみにとらわれ、こだわっていたとしたら、私の今の理解や成長はなかったと思います。
私はこだわり続けることも選べたのです。

どちらも選べる自由が私たちにはあります。

私はただ、幸せに感じる生き方をしようと思い、その方向にすすんでいっただけなのでした。



新しい道を歩き始めて、20年以上になります。
今でも人工透析はしていますし、難聴も改善はしていません。

もちろん今でも、体の改善を考え、いろんなことを試したり、活用したりしています。
TQ商品の活用もそのひとつです。

ただ、今では、体のことにそれほどとらわれなくなりました。
改善の努力はしつつ、それよりも私にできることをやり、幸せに感じる生き方を増やしていこうと思っています。


…ところで、もし私の体が元気で、病院知らずの人生だったとしたら、今の私の理解や成長はあっただろうか!?と考えることがあります。

でも…、おそらく病気でなかったとしても、私は変わっていくことができただろう…と思います。
それはなぜかと言えば、人には“体験”があるからです。

どのような形でも、人は、自分のその人生の中での“体験”があり、
それを通して、人はいつでも、自分に向き合っていけるから…と思うからです。